CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< フェアアイル | main | 衝動買い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
40年ぶりの改装
メンズUがある駅前商店街の一角は、その昔、角店の道路に面して流れる小さな川に囲まれていた。それはあまり美的な川ではなくて、まあ当時の下水道だった。店に入るには、ドブ川に渡したやはり小さな橋を使わねばならなかった。

いまから50数年前。メンズUは、メリヤス屋として肌着や靴下を売る店として、駅前に暖簾を出したのだった。

高度な経済成長の波に乗って、男の衣料はメンズファッションと名を替え、時代は空前のアイビーブームを迎える。メリヤス屋フジタは、先代のマスターの代となり、メンズショップに転身したのだった。

その頃には駅前の下水道も整備され、地下に埋設。商店街はアーケードを備え、華やかな時代が到来する。メンズUは店内を改装し、当時にしては瀟洒な佇まいを魅せ、順風満帆で前進するのだった。

VANヂャケットは次々と目新しいアメリカのファッションを持ち込む。足並みを揃えるメンズUでも店頭で、アマチュアによるフォークソング大会や、アメリカンフットボールチームを創り、それは賑やかな時代を過ごしたのだった。

雑誌メンズクラブ(婦人画報社刊)では、「街のアイビーリーガース」と云って地方都市の有名なメンズショップを周り、街ゆく人々の写真を雑誌に掲載していて、メンズUにも幾度となく来訪されたのである。まったく華やかな時代だった。

時は過ぎ、バブル景気の絶頂から一気に転落した経済の中で、日本は前代未聞の不景気にあえぐ。メンズファッション業界も例外ではなく、同業の仲間や取引先も姿を消し、一抹の寂しさを覚えつつ、それでも古くからのご贔屓さん方々に支えられ、メンズUは時代を過ごしたのだった。

そうして迎えた昨日。メンズUの改装が完成した。

思い返せば、おおよそ40年ぶりとなる。ドアの形や壁の色など、少しずつ手を加えてきた店内外だったけれども、床、壁、天井を一新したのは、もう半世紀も前の事──VANショップとして営んでいた時代の事である。

これから、また半世紀。今日がその最初の日。

ああ、なんて嬉しい!
| - | 09:37 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jra.jugem.cc/trackback/131
トラックバック
東京アイビーリーグの話
昨夜久々にIVY仲間の飲み会に参加しました。もちろんもうIVYを捨ててしまった人もいますが、O野君(伏字でもそのままやん!)が最近結婚したのを機会に集合がかかったのです。昔話に花が咲き、楽しい夜を過ごしました。 ところでタイトルの「東京アイビーリーグ」と
| 懐古調がライフスタイルおやじ | 2006/06/24 2:15 PM |